病院などではたらく薬剤専門職がちがうしごと先

2017年01月05日 / poporon / 日記 / コメントする

病院などではたらく薬剤専門職がちがうしごと先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず言語化できるようにしておきたいものです。

ナイト薬剤師はできない、オフはたくさんあるのがいい、できればお看取りの場は避けたい等、要求にも個性があって当然です。

ご存知のように専門職である薬剤師が不足し困っている職場は多いため、ストレスのたまる勤務場所でがんばり続けることはありません。薬剤師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとおもったより特殊な上に、職場によっても変わります。体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、おもったより3交代制の病院が多いですね。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。

将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする薬剤師も少なくありません。薬剤師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。
薬剤師のしごとは職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を捜すことも大切でしょう。

内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかも知れません。実際、薬剤師専用の転職サイトには、お祝い金があるところが存在しています。転職することでお金をくれるなんて嬉しい気もちになりますよね。

けれど、お祝い金をうけ取るためには条件がないことは少ないので、先にチェックしておくようにするのが良いでしょう。
それから、お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。薬剤師の人が転職する時に、職種の異なる職に転職したいと考える人持たくさんいます。けれど、一生懸命に薬剤師資格を得ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。違った職種でも、薬剤師の資格が良い方向にはたらく職場は多数存在しています。

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。

薬剤専門職が職場を移る根拠としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。

過去のしごと場の人と上手にいかなかったからとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまうのです。この場合は、しごとを変えたい本当のりゆうを真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを告げるようにして下さい。
薬剤士を志望する理由は本当に何をきっかけにして薬剤師になろうと思ったのかを交えれば良い印象になります。転職の際の志望動機はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてちょうだい。
前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。
アト、結婚するときに転職しようとする薬剤師も少なくありません。パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を検討すべきでしょう。いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職しておくと良いでしょう。イライラが溜まっていると妊娠しにくくなりやすいので、気をつけましょう。よくいわれることかも知れませんが、薬剤師の転職の極意は、次のしごとを決めてから辞めるのが良いですね。
加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。先走って次のしごとへ行くと、再び辞めることになる場合もあるので、希望の条件に合うしごとを丁寧に探しましょう。そのためには、自分の希望をハッキリと指せておきましょう。高校に進むときに進学先が衛生薬剤科だと、国家試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で薬剤師になれるでしょう。

ただし、途中で薬剤師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。それに、最低で5年あれば試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)をうけることができますが、期間が短いことが理由で勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。